New_1_1 New_2_1 New_3_1 New_4_1 New_5_1 アトリエサードロゴ' アトリエサードロゴ New_8_1 New_9_1 New_10_1 New_11_1 New_12_1
New_1_2 TOP 既刊 購入方法 取扱書店 評判録 PROFILE 芳名帳 BBS blog a-third.com-shop New_12_2

A&B・ストルガツキー年代順作品リスト


◆この作品リストは、トーキングヘッズ叢書第1巻『ストルガツキー兄弟』に
 掲載された「発表順作品リスト」をもとに、一部データの追加・修正をおこ
 なったものである。同書掲載時には、その作品を収録するソ連国内の出版物
 (単行本名)も列記してあったが、リストが長大になるので、ここでは割愛
 した。

◆この作品リストは、ストルガツキー兄弟の作品をソ連で出版された年代順に
 並べてある。

◆ロシア語という、あまり馴染みのない言語のため、原題の前に、その直訳に
 近い日本語を表示した。これは、日本語訳の作品名と異なることもあるので
 注意を要する。

◆直訳の日本語タイトルの前の黒丸(●)はその作品が長編であることを表し、
 二重丸(◎)は中編、無印は短篇その他であることを表している。

◆黒三角(▼)以降は、日本国内での出版データである。

◆この作品リストを作成するにあたって最も参考にしたものは“СОВЕТС
 КАЯ БИБЛИОГРАФИЯ(ソビエト書誌学)”第3号(1988年)
 に掲載されたストルガツキー兄弟の単行本リスト、雑誌・アンソロジー掲載
 作品リストであり、『世界終末十億年前』(1989年)に掲載された深見弾氏
 による長・中編リストである。読者のみなさんが参照されるとしたら後者の
 リストだろうが、ふたつのリストにはいくつかの異同点がある。本リストで
 はとりあえず前者のものを採用しているので、後者のリストを参照される方
 々のために、本リストと後者のリストとの異同点を列記しておく。

 (1) 後者のリストでは、『月曜日は土曜日に始まる』の発表年が1965年にな
  っているが、第一章のみ1964年に発表されているので、本リストでは、
  1964年の項目に含めた。作品の完成年度としてはもちろん1965年が正しい。

 (2) 同じような理由で、『そろそろ登れカタツムリ』は、最初の部分が発表
  された1966年の項目に含めてある。その他、年を越して雑誌に連載されて
  いる作品は、連載開始の年度を作品の発表年としている。

 (3) ふたつのヴァージョンがある『トロイカ物語』は、別個の作品として
  1968年と1987年双方の項目に含めてある。

 (4) 後者のリストでは、『神様はつらい』は1966年の作品になっているが、
  1964年に雑誌掲載されているので、本リストでは1964年の項目に含めた。
  (1)の例と同様に1964年のものは未完成である可能性もあるが、前者のリス
  トにはそのような注釈は見当らない。

 (5) 後者のリストでは、『ホテル〈遭難したアルピニスト〉』(1970)、『滅
  びる運命にある町』(1988)の原題のスペルに誤りがある。

 (6) 『世界終末十億年前』の深見氏による訳者あとがきでは、『悪を担わさ
  れし者、もしくは四十年後』は「知識は力」誌で連載中であると記されて
  いるが「SFマガジン」1989年7月号の「ワールドSFレポート」で深見
  氏自身が訂正しているように、連載したのは「青春」誌である。

◆ただしロシア語のリストが相手なだけに、本リストがその内容をどれだけ理
 解して作成しているかというと、少々不安な点もある。誤り、疑問点があれ
 ばご指摘ください。

◆なお、参照した「ソビエト書誌学」は、1988年の発行のため、当然のことな
 がらそれ以降の作品は掲載されていない。本来ならばその点についても何ら
 かの調査を行うべきであるが、十分な調査はできていない。よって1988年以
 降のものは単行本の解説などを参照するにとどまった。

1958  外から/ИЗВНЕ
1958  自然反射作用/СПОНТАННЫЙ РЕФЛЕКС
1959  六本のマッチ/ШЕСТЬ СПИЧЕК
      ▼「六本のマッチ」袋一平訳
          /『宇宙翔けるもの』早川書房(SFシリーズ3049)1963
          /SFマガジン1968.2,早川書房
          /『世界SF全集[33]世界のSF・ソ連東欧篇』早川書房1971
          /『おかしな世界』芳賀書店(ハガSFシリーズ)1972
1959  忠実なSКR/ИСПЫТАНИЕ СКР
1959  忘れられた冒険/ЗАБЫТЫЙ ЭКСПЕРИМЕНТ
1959  部分的な予想/ЧАСТНЫЕ ПРЕДПОЛОЖЕНИЯ
1959  アライドの白い柱/БЕЛЫЙ КОНУС АЛАИДА
      ▼「アライドの白い柱」山田忠訳/SFマガジン1971.3,早川書房
1959 ●紫雲の国/СТРАНА БАГРОВЫХ ТУЧ

1960  火星の夜に/НОЧЬЮ НА МАРСЕ
1960 ◎アマルテアへの道/ПУТЬ НА АМАЛЬТЕЮ
1960  ほとんど同じ/ПОЧТИ ТАКИЕ ЖЕ
1960  砂漠の夜/НОЧЬ В ПУСТЫНЕ
      ▼「砂漠の夜」えびはらたけし訳
          /ストルガツキー兄弟編『不可能の公式』プログレス出版所1967
          ※邦訳書に原題は記されていないが、この作品に該当すると思われる。
1960  非常事態/ЧРЕЗВЫЧАЙНОЕ ПРОИСШЕСТВИЕ
      ▼「非常事態」深見弾訳
          /深見弾編『アトランティス創造』
            早川書房(SFシリーズ3313)1974
          /SFマガジン1974.1,早川書房
1960  深い探索/ГЛУБОКИЙ ПОИСК
1960  失敗/ПОРАЖЕНИЕ

1961  よくできた惑星/БЛАГОУСТРОЕННАЯ ПЛАНЕТА
      ▼「よくできた惑星」プログレス出版所訳
          /『よくできた惑星』プログレス出版所1968
1961  机の前のろうそく/СВЕЧИ ПЕРЕД ПУЛЬТОМ
1961  偉大なКRI/ВЕЛИКИЙ КРИ
1962 ●帰還(二十二世紀の真昼)
      /ВОЗВРАЩЕНИЕ(ПОЛДЕНЬ,ХХII ВЕК)/連作短篇
1962  逃亡の試み/ПОПЫТКА К БЕГСТВУ
1962  パシフィダから来た人/ЧЕЛОВЕК ИЗ ПАСИФИДЫ
1962 ◎実習生/СТАЖЕРЫ

1963 ●遠いラドガ/ДАЛЕКАЯ РАДУГА
      ▼『ラドガ壊滅』彦坂諦訳/大光社(ソビエトSF選集)1967
1963  さまよう者と旅する者
      /О СТРАНСТВУЮЩИХ И ПУТЕШЕСТВУЮЩИХ
      ▼「さすらいの旅をつづける者たちについて」西本昭治訳
          /ストルガツキー兄弟編『竜座の暗黒星』早川書房
          (SFシリーズ3015)1966
      ▼「さまよう者と旅する者」宮沢俊一訳
          /『反世界の島』プログレス出版所1973
1964  ソファーの回りの煩わしいもの/СУЕТА ВОКРУГ ДИВАНА
1964 ●神様はつらい/ТРУДНО БЫТЬ БОГОМ
      ▼「神様はつらい」太田多耕訳/『世界SF全集[24]』早川書房1970
1964 ●月曜日は土曜日に始まる
      /ПОНЕДЕЛЬНИК НАЧИНАЕТСЯ В СУББОТУ
      ▼『月曜日は土曜日に始まる』深見弾訳/群像社1989

1965 ◎時代を貪るもの/ХИЩНЫЕ ВЕЩИ ВЕКА
1966 ●そろそろ登れカタツムリ/УЛИТКА НА СКЛОНЕ
      ▼『そろそろ登れカタツムリ』深見弾訳/群像社1991
1967 ◎火星人第二の来襲/ВТОРОЕ НАШЕСТВИЕ МАРСИАН
      ▼「火星人第二の来襲――或る常識人の日記――」橋本俊雄訳
          /ソヴェート文学98,1987
1968 ●トロイカ物語/СКАЗКА О ТРОЙКЕ[テキスト2]
      [テキスト1]→1987年発表
      ▼『トロイカ物語』深見弾訳/群像社1990/テキスト1・2とも収録
1968  空飛ぶ遊牧民/ЛЕТАЮЩИЕ КОЧЕВНИКИ
1969 ●有人島/ОБИТАЕМЫЙ ОСТРОВ
      ▼『収容所惑星』深見弾訳/早川書房1978
                  /早川書房(文庫)1986

1970 ◎ホテル〈遭難したアルピニスト〉
      /ОТЕЛЬ 〈У ПОГИБШЕГО АЛЬПИНИСТА〉
      ▼『幽霊殺人』深見弾訳/早川書房(SFシリーズ3316)1974
1971 ◎こびと/МАЛЫШ
      ▼「リットルマン」(抄訳)深見弾訳/ソヴェート文学45,東宣出版1973
1972 ◎路傍のピクニック/ΠИКНИК НА ОБОЧИНЕ
      ▼「密猟者」(序章・第1章)深見弾訳/SFマガジン1978.1,早川書房
      ▼『ストーカー』深見弾訳/早川書房(文庫)1983
1973 ●地獄探険記[第1・2部]/ЭКСПЕДИЦИЯ В ПРЕИСПОДНЮЮ
      /連作長編/3部は1984年発表
      /С.ЯРОСЛАВЦЕВ(ヤロスラフツェフ)のペンネームで発表
1974 ◎地獄からきた若者/ПАРЕНЬ ИЗ ПРЕИСПОДНЕЙ
      ▼『地獄から来た青年』深見弾訳/群像社1994
1975 ●二十二世紀の真昼/ПОЛДЕНЬ,ХХII ВЕК/連作短篇
      /ВОЗВРАЩЕНИЕ(ПОЛДЕНЬ,ХХII ВЕК),1962
      の増補改訂版

1976 ◎世界終末十億年前
      /ЗА МИЛЛИАРД ЛЕТ ДО КОНЦА СВЕТА
      ▼『世界終末十億年前』深見弾訳/群像社1989
1979 ●蟻塚の中のかぶと虫/ЖУК В МУРАВЕЙНИКЕ
      ▼『蟻塚の中のかぶと虫』深見弾訳/早川書房1982
                      /早川書房(文庫)1990

1980  友情と敵意についての物語
      /ПОВЕСТЬ О ДРУЖБЕ И НЕДРУЖБЕ
      ▼「友情についての物語」深見弾訳/SFマガジン1982.6,早川書房
1981  願望機/МАШИНА ЖЕЛАНИЙ/映画シナリオ
      ▼「願望機」深見弾訳/『願望機』群像社1989
1984 ●地獄探険記[第3部]/ЭКСПЕДИЦИЯ В ПРЕИСПОДНЮЮ
      /連作長編/1・2部は1973年発表
      /С.ЯРОСЛАВЦЕВ(ヤロスラフツェフ)のペンネームで発表
1984  ニキータ・ヴォロンツォフの詳細な経歴
      /ПОДРОБНОСТИ ЖИЗНИ НИКИТЫ ВОРОНЦОВА
      /С.ЯРОСЛАВЦЕВ(ヤロスラフツェフ)のペンネームで発表
1985  スプーン五杯の霊薬/ПЯТЬ ЛОЖЕК ЭЛИКСИРА/シナリオ
      ▼「スプーン五杯の霊薬」深見弾訳
          /ソヴェート文学95,群像社1986
          /『願望機』群像社1989
1985 ●波が風を消す/ВОЛНЫ ГАСЯТ ВЕТЕР
      ▼『波が風を消す』深見弾訳/早川書房(文庫)1990

1986 ◎びっこな運命/ХРОМАЯ СУДЬБА
      ▼『モスクワ妄想倶楽部』中沢敦夫訳/群像社1993
1987  北方探険/ЭКСПЕДИЦИЯ НА СЕВЕР
1987 ●雨季[みにくい白鳥]/ВРЕМЯ ДОЖДЯ[ГАДКИЕ ЛЕГЕДИ]
      /1966,7年に執筆された作品
      ▼『みにくい白鳥』中沢敦夫訳/群像社1989
1987  蝕の日/ДЕНЬ ЗАТМЕНИЯ/『世界終末十億年前』の映画シナリオ
1987  雨雲/ТУЧА/シナリオ
1987 ●滅びる運命にある町/ГРАД ОБРЕЧЕННЫЙ/未完
1987 ●トロイカ物語/СКАЗКА О ТРОЙКЕ[テキスト1]
      [テキスト2]→1968年発表
      ▼『トロイカ物語』深見弾訳/群像社1990/テキスト1・2とも収録
1988 ●悪を担わされしもの、もしくは四十年後
      /ОТЯГОЩЕННЫЕ ЗЛОМ,
      ИЛИ СОРОК ЛЕТСПУСТЯ


※以上のほかに、原題が不明で該当する作品が確定できないものがある。
      ▼「最初の試み」飯田規和訳/SFマガジン1963.11,早川書房